Img_fd5b9717b5c0caed5b772b04ced496f6
7月のおやつ便もどうぞよろしくおねがいします。

ご注文はお電話またはメールでおねがいします。


夏の花屋は毎日あついけれど

夕方ごろ、台所に立っていると、とてもやさしい風が吹き抜けました。


毎年夏になると、見えない風の存在をたしかめるように思います。

川が流れるとか、空気が流れるとか、風が流れるとか、雲が流れるとか、

流れがあるってことはすごくいいことなんだろうな。

季節も、時間も、みんな流れていく。

わたしもまた流れているんだろう、知らないうち、どこかに向かって。


ほしぐも 西村ゆり


7月のおやつ便のこと

今月のおやつ便は7月28日発送の予定です。

かぼちゃタルト、バナナモカケーキ、ココナツシュガーのクッキーなど

いつものおやつのほかに、新しいおやつもいろいろ詰めてお届けします。

発送分については今月もまたクール便でのお届けとなります。

くわしいメニューのお知らせは、もう少し先になるかと思うのですが

ご予約もうけたまわり中です。

いつもおそくてごめんなさい、どうぞよろしくおねがいします。


今日は、あるケーキ屋さんの前を通ると、

大きなソフトクリームの看板がおいてあって、

「おいしさ山もり 1本150円」と書いてありました。

うまいなぁ、としみじみ。

おやつ便も、おいしさ山もりで、お届けしよう!

ほしぐもおやつ 西村ゆり
お店におやつを買いに来てくれるお客さんへ

週末より体調をくずしてしまい、

今週は少しおやつをお休みさせてもらおうと思います。

まだはっきりとお伝えできないのですが

週の後半からまたゆっくり焼けたらと思っています。

どうぞよろしくおねがいします。

(風邪を引いてしまったみたいです)

西村ゆり
Img_8e151e5d0636a71ccb312449640ab9bd
6月のおやつ便のお知らせがとてもおそくなってしまい

締切りまでのお日にちもとびきり短いのですが

ご希望の方はメール・FAXでお伝えくださいませ。

hoshigumooyatsuアットマークgmail.com

または0754328572まで、どうぞよろしくおねがいします。

ほしぐもおやつ
西村ゆり
6月のおやつ便のこと

お知らせがおそくなってしまいごめんなさい。

今月は6月23日(金)発送、翌24日(土)到着の予定です。

メニューがまだ決められていないのですが

今日にでもこちらでお知らせします。

注文の受付は6月21日(水)までとなります。

短くなってしまいましたが、どうぞよろしくお願いします。

甘酸っぱい、さわやかなおやつをいろいろつくりたいなと思っています。

西村ゆり
Img_08144a5394698a72708ebbba52847969
「新しい空気をつくる」



久しぶりに展示をします。

わたしの暮らす町で。新しくはじまる場所で。

春の日、まりさんが明るい声で、すがすがしい顔をして

「ゆりちゃん、個展をしませんか?」と声をかけに来てくれた。

迷うことなくその場で「はい、やりたいです」と答えたのは

まりさんの熱が伝わって、心動かされてしまったから。

それに自分の暮らす町、よく知るお店でなら背のびをすることなく

今の自分らしい展示がつくれるような気がしたから。

この町に住み、夫婦で花屋を始めて3年。

そんな日々のこと、まわりの人やそばにある風景を並べます。

西村ゆり



西村ゆり ことばの展示
「新しい空気をつくる」

2017.6.7(水)-6.11(日) 13時―18時

Gallery Zero Kara(カフェ営業)
(EXPO hostelと同じ建物にあります)

京都市北区紫野西藤ノ森町2-19
 (Click!) 
 (Click!) 
友人とふたりの、ろうどくの活動もこの夏で7年目になります。

食堂souffleでのろうどくの会もあと4回となりました。




ななつきぐも朗読会 2017初夏


思いのほか順調な滑り出しをみせた2月。
果たしてそれは、人前に立って読んで聞かせるほどの
文章なんだろうかと考えあぐね、
一年間続ける自信をなくしそうになった4月。

二か月の一度の朗読会は三分の一が過ぎて、
一年もまた三分の一が過ぎた。

ほんの、ふた月ばかりのあいだに
空はどの季節よりも青く爽やかな色をして
あじさいが花をつけはじめ、
甘夏の皮をむいたり、絹さやをゆがいたり、
ときには外国の街の空気を吸い込んだりしています。

日々は突拍子もないようで
あたりまえみたいにちゃんと繋がっている、
ある日、心地いい風が吹くように流れていく。

夏へと向かう6月。
いつまでも明るい空の下、今日どんなことを思うだろう。



ななつきぐも朗読会 2017初夏
6月11日(日)17時スタート
食堂souffleにて 参加費500円+1オーダー


食堂souffle
〒604-8462 京都府京都市中京区西ノ京北円町63
電話 075-462-8738
 (Click!) 

*当日、食堂souffleはサンドイッチとスープの日になります。
サンドイッチとスープをご希望の方は事前の予約をおねがいします。
そのほかケーキやドーナッツ、ドリンク類は当日注文できますので
お気軽におこしください。



Img_eeb6bf7a88033432ffa119351c723cbe
5月20日は二十四節気の「小満」という日でした。

大阪にある越田クリニックさんホームページ内の二十四節気のコンテンツで

昨年の6月「芒種」の日から詩を書かせてもらい、ぐるり一年がめぐりました。

これまで気に留めたことのなかった二十四節気、七十二候。

どの言葉もほんとうにうつくしくて、声に出して読みたくなりました。

そして、そのとおりに季節がすすんでいくことの面白さを思いました。


この先ももう少し、児玉彩さんと二十四節気を続けてみようと話しています。

お店にも飾れたらと思っています。

 (Click!) 
Img_435ef05005ce02404b363fa9dafde8f8
4月のおわり、やさしいご夫婦があたらしい場所ではじめたお店をたずねました。

旦那さんは中古CD屋さん、奥さんは手づくりの雑貨屋さん。


出会ったのは2年くらい前だったろうか。

それからはお店をたずねてくださったり、同じイベントに出店していたり。

数か月に一度、会うくらいだけれど、会うたびにうれしくなるような人。

わたしはおふたりの大ファンなのだろうと思います。


お店をたずねた日は「いらっしゃいませ」のむずかしさについて

CDを売る旦那さんが話していらした。

気軽に入って、なにも買わなくてもさっと出られるようなお店が理想らしく

「ようこそ、待ってましたぁ!」みたいな感じでは言いたくないし、

だけど冷たく聴こえてもいけないし…となやみになやんで、わからなさ過ぎて

あるときにはもう、いらっしゃいませが言えなくなってしまったそう。

「だからね、その当時、お店に来たお客さんは、みんなびっくりしてたと思います。

入ったところにぼくが座っていて、なにも言わないから」って。

そんな話を聴きながら、けらけらとお腹をかかえて大笑いしてしまいました。


そしたら「ぼくもわかります」と花屋の旦那さん。

「いらっしゃいませのトーンってむずかしいですよね」って。

そういえば、花屋ではいつも「こんにちは」って言う。

わたしもすっかりと、こんにちは、って言う。


ひかえめで、謙虚で、おだやかな人のお店、

たくさんまねをしていきたいです。


さわやかな空の広がる5月、おやつ便をおとどけします。

ご注文はお電話・メールでおねがいします。

少しずつ暑くなってきましたのでご希望の方はクール便でも発送いたします。


星雲おやつ 西村ゆり
4月のおやつ便について

少しだけ早めにご注文を締め切らせていただきました。

たのんでくださった方どうもありがとうございます。

大事にお届けしようと思っています。

ほしぐも 西村ゆり