Img_377363ce6b92ca450bbbbab247f1bfcb
8月、おやつ屋は長い長いお休みをいただきました。

そのおかげで、今日からは無事に展示がはじまりました。

昨日の夜、搬入からの帰り道は、もうたましいがぬけたように歩いていました。

おみやげにもらったスイカの重みだけが手にぶらぶらと確かにあって

それ以外はもうからだの中になにもないような。

しばらく部屋の壁をうめつくしていた、言葉と絵が

朝起きると、まっしろになっていて。

それで、今朝は生まれ変わったような気持ちでした。


ひと月近くもおやつをつくらないのは、この4年ではじめてで

下手なのが、もっと下手になっているんじゃないかしらと不安ですが。

8月もおやつ便、おとどけします。

メニューを伝えるのが間際になってしまい、ごめんなさい。


8月でおやつ屋は4周年になりました。

いつもありがとうございます。

これからもどうぞよろしくおねがいします。

ほしぐもおやつ
西村ゆり
Img_b1fdfefa941e049598e7dc670c50b573
Img_5cb6dceb101b0346e9574679b5ca26a0


昨日はどこへ行った


「ぼくは新しいものよりも、過去を見ているのが好きな人間なんだ」
ある映画監督がそんなことを話していて
なあんだ、それでもいいのか、と安心しました。
なんでも過ぎ去ってしまう。遠くなってしまう。けれど、
時には過ぎてしまうのがもったいないような瞬間がある。
あの、くっきりと鮮やかな、記憶の断片。
そんなものばかり眺めてしまうのは、なぜなんだろう。
昨日はどこへ行くんだろうか。



8月末から、大阪府高槻市にあるソラトイロさんにて個展をします。

お誘いをしてもらった時、うれしい反面、今の自分にできるかなと不安に思いました。

でも、その場ですぐに「やろうと思います」ってお返事したのは

失敗をこわがらず、どんなことも気楽に、軽やかな気持ちでやる、

そういう姿勢の人にあこがれるから。そうありたいと思ったからです。

多分カッコよくはできないです、って伝えたら店主のあゆみさんは

全然求めてません!ゆりちゃんのやりたいことをやってくれたら、それでいいです、

そうきっぱり言ってくれたのがうれしかった。


ひとつひとつの詩を作品にするということを、大事にやってみたいと思っています。

新しい挑戦です。お時間があれば、見てもらえるとうれしいです。

西村ゆり



ギャラリー・喫茶・おうちごはん 空+色 ソラトイロ

569-1142 大阪府高槻市宮田町1-19-14
tel 072-668-4531  (Click!) 
火・水・木 11:00-17:00
金 12:00-17:00 18:30-22:30
土 12:00-19:00(8日のみ10:00-17:00)
*ラストオーダーは閉店の1時間前まで

ななつきぐも朗読会
9月15日(土)17時より 参加費1,000円+ワンオーダー
ご予約はnanatsukigumo@gmail.comまたはお店まで
8月のおやつ便は8月31日(金)発送の予定です。

発送の場合、手元に届くのは、ありゃま、9月1日になってしまいますが。

おやつの種類もまた後日こちらでお知らせしようと思います。

おやつの販売はそれまでお休みをいただきます。

どうぞよろしくおねがいします。

ほしぐもおやつ 西村ゆり
Img_a0ced49475f2d9e85ec5f5a4a4c26c1a
7月のおやつ便のおしらせ、おそくなってしまいました!

気にかけてくださっている方、どうもすみませんでした。

お申込みは明日の夜までになりますが、どうぞよろしくおねがいします。



先日はご縁があって、東京で喫茶店をされている方に

お菓子を送っていただきました。


届いたお菓子は、箱を開けるのがうれしくて

うわぁーとか、おぉーとか、かわいいーとか、いちいち歓声をあげながら

一つひとつ手に取り、眺めまわし、そして、またきれいに箱にしまったりしました。


今日は仕事がんばったあとに一つだけ食べよう、

帰りが遅くなるからリュックに一つ入れていこうかな、

そんなふうに毎日少しずつ大事に食べた。


おなかの空いていないときでも、棚の上、お菓子の入った箱を

眺めるだけで、なんだか心づよく、励まされるような気持ちでした。

だれかの心のこもったお菓子のなんて、やさしいことだろう。

元気の出ることだろう、としみじみ食べました。


わたしのおやつも、だれかのそういう存在であれるように

ますます、がんばろう。



*夏のお休みのおしらせ

7月のおやつ便以降は、出店とご予約分をのぞいて

おやつの販売はしばらく夏のお休みをいただきます。

8月後半、8月のおやつ便のころに再開の予定でいます。

どうぞよろしくおねがいします。

星雲おやつ 西村ゆり
おしらせがおそくなりました、7月もおやつ便お届けします。

7月27日(金)発送の予定です。


毎日猛烈な暑さが続いています、

こういう季節にクッキーやケーキはあまりのどをとおらないなぁと思うのですが

ゼリーもアイスもつくれないので、いつもの通りのおやつを焼く予定です。


おやつの種類は明日、こちらでお知らせしようと思います。

ご希望の方は、メール・お電話でおねがいします。


みなさん、どうぞおからだにお気をつけてください。

星雲おやつ 西村ゆり
Img_c119a7913ce4135256f9f00ff38206bf


うそみたいなことが、とつぜん起こる。

現実のことではないような。

夢をみているようで、一気に目が覚めるような。


そうやって、また人生というものを考える。

なんどもなんども考える。

いつかは、ないのかもしれない。


一昨日はご近所さんからたくさん、梅の実をおすそわけしてもらいました。

台所にふわりと香る、初夏のにおい。

昨日は仕出し屋のお母さんに、梅みそと梅シロップの作り方を

身ぶり手ぶり、教えてもらいました。

季節のめぐる、うれしさとともにある、

生活というものを大事にやろう。


自分の仕事を大事にやろう。

明日もあさっても、変わらず、おやつを焼こう。

いつもの通り、落ちついた気持ちで焼こう。


6月より、おやつ便はクール便でのお届けとなります。

どうぞよろしくおねがいします。


いつもありがとうございます。

ほしぐも 西村ゆり
Img_9eaa89cb7b90f25ea36c6bc6f9ddd1ef
お店にやってきてくれた男の子。

料理の仕事をしていて、これから外国の街で暮らして

カフェで働いたり、山の上のパン屋ではたらいたりするのだそう。

お金をもらうのではないけれど、眠るところも食事も用意してもらえるから

しばらくはそうしていろいろなことをしてみるんです、

そう話してくれました。

日本に帰ってきたら、じぶんのお店をしようかな、パン屋さんもいいな、

いつかふるさとの町には帰るのかな、どうだろうな。


彼の口からこぼれる未来は、

どこで暮らしたとしても、なにを選んだとしても

どれもすごくたのしそうでした。

聴いているだけで、想像して眺めているだけで、胸がおどるようでした。


いいものだな、人生というのは。

じぶんで線なんてひかずにいよう。どこへでも行けるのだから。


5月もおやつ便、お届けします。

いつのまにか日が長くなりました。


ほしぐもおやつ 西村ゆり
Img_e269a98966432c9d9666b1f29e4d389f
4月のおやつ便のおしらせです。

いつもみたく絵は描くことができなかったのですが

今月もおやつ便をお届けします。

4月27日の金曜日、発送の予定です。

おやつ8コ入り/2100円 +送料800円
*東北以北・沖縄以南は送料がことなります。お店での受け渡しもできます。 
*お申込みの締切り 4月25日(水)
ご注文はhoshigumooyatsuアットマークgmail.comまでおねがいします。


いつもおやつ便をたのんでくださったり、気にかけてくださったり

どうもありがとうございます。


いつかおやつをつくっているとき、焼き過ぎたかな、どうかなと心配していると

横で旦那さん、全然大丈夫やと思うで!だってゆりちゃんのおやつのお客さん、

めっちゃ許容範囲広そうやもん、なんて話します。

そりゃあ、そうだと。

ふくらまし粉を使わず、卵だけでふくらませるケーキはいつでもぺしゃんこで

むくむくと格好よくおいしそうな形にはならなくて

うーん、と考えていると、いつものお客さんは

四角くてかわいいっていうか、おしゃれな感じがするよー、なんて言ってくれます。

やさしいです。

まだまだへたくそなおやつのことをおいしいと言ってくれたり

好きになってくれたり、どうもありがとうございます。

うれしいことです。はげみにがんばっています。

4月のおやつ便もどうぞよろしくおねがいします。


八百屋さんの届けてくれるほうれん草は、今週のも先週のも

洗うたび、ピンク色の桜の花びらがくっついていました。

春はもう残り少ないんだろうか。

毎日きれいなピアノの音ばかり聴いています。

きっと、そんな味がするだろう。

ときどきわけもわからず、胸の奥のほうが、きゅっとつかまれて。少し顔がしわしわになって。

そうやって焼いています。


ほしぐもおやつ 西村ゆり
Img_a83ab0ee498e32114eb9bd51605f5230
ホーキング博士のことを知ったのは、きっと大学生のころで

広告の中で、だった。

大学のころ、小さな広告会社でバイトをさせてもらっていた。

「好きなコピーを毎日ノートに書いていったらいいねん。

そしたらどうやって書いているか分かってくるから」

そんなふうに教えてもらった。

それから好きな広告を見つけては、大学ノートに何度も書き写していった。

きっとそのどこか、ホーキング博士の写真がのった広告もあった。

一倉宏さんの書いた広告コピー。

「宇宙は、どこから来て、どこへ行くのか。

人間が知りたい、その答を

ホーキング教授は追いかけている。」


電車に乗って、まだ静かな朝の大阪の街を歩いて

そうじをしたり、机ふいたり、ものすごく緊張しながら電話にでたり

大人の人たちに囲まれて、お手伝いすることはありますか?ってたずねたり

毎日勇気をぜんぶ残すことなく、ふりしぼって歩いていた。

夜になって、ネオンが光って、酔った人たちがいる雑多な街を

横切って帰っていく。

ちゃんと社会人になれるんだろうか、

広告の世界でやっていけるんだろうか、とか思いながら。

ちっとも前は見えなかったけれど、不安ばかりだったけれど

本の中の、新聞広告の中の、だれかの書いた広告コピーのことばだけは

とてもたしかで、ゆらがず、信じることができた。

いい広告ほど、ほんとうで、うそがない。


たった半年くらいだったけれど、鮮明な記憶。

雑居ビルの一室の小さな会社はちょっときたなくて

いつでもたばこのけむりがもくもくとして、男くさくて。

それでも歯をくいしばっていたのは、誇らしかったからなんだろう。

じぶんではじめて選ぶ、人生というものが。


3月もおやつ便、どうぞよろしくお願いします。

ほしぐもおやつ 西村ゆり
今週は京都河原町にある雑貨屋さんmumokutekiさんに

クッキーとケーキをいろいろお届けしました。

週末にはいつものように河原町御池近く無農薬の八百屋さんAnnexさんに

クッキーをお届けの予定です。

お近くにお越しの際は手に取ってもらえるとうれしいです。

どうぞよろしくおねがいします。

ほしぐも 西村ゆり